読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじわるなハロー

ずるいなんて言わせないよ キミもうれしいでしょ

フェアリーズ LIVE TOUR 2016 - Answer - 5/22 松下IMPホール

f:id:hoku_70:20160528082255j:image

初めてのフェアリーズがこのライブで本当に良かったなって。失くしたものを見つけられたようなそんな大切なライブになりました。知らない人にも今一度知ってほしい。そんなグループです。絶対好きになって後悔しないから!彼女たちの持つパワーは絶対ファンを裏切らないから!(裏切るのは事務所…あれどっかの事務所みたいだな笑)そんなことはさておき、感じたものをじっくり書きたいと思います。

 
セトリは初日に行われた舞浜アンフィシアターから少し変更されています。アンコールで追加されたRun With Uが聞けて本当に良かった。詳しくは1曲ずつ書くことにします。
 
セットリスト
01,HERO
02,SILLY BOY
03,Wild Baby(橘慶太さんによるアレンジver.)
MC
04,トキメクTOKYO
05,Mr.Platonic
06,Don't You Wanna Dance
07,BLING BLING MY LOVE
VTR
☆ダンスパフォーマンス*1
08,マーガレット
MC
10,クロスロード*2
11,Sparkle
12,Kiss Me Babe
13,White Angel
14,Beat Generation
アンコール
01,相思相愛☆Destination
02,Song for You
03,Run With U*3
 
全面的にダンスナンバーで構成されたセトリ。とにかく踊る。踊って踊って踊りまくる。最高。
※注釈でメンバーの軽い紹介文も書いてますのでぜひクリックしてください!
 
◆HERO
デビュー曲以外だと知名度あるのはこの曲だと思う。2ndシングル。私でも好きになる前から知ってた曲。圧倒的なスキルを1曲目から見せつけられた。本当にかっこいい。目を引いたのはみきみき*4中身はぽわぽわ~とした子なんだけど彼女のオーラが凄かった。これは生じゃないとわからない。この子がメインボーカルまで這い上がってきた理由か分かる。納得できる。納得させられる。みんなかっこよかったけどHEROのみきみきはダントツだった。
 
◆SILLY BOY
かっこつけてみせて~!超大好きだから序盤からテンション上がりました。オイ!オイ!って言いながら手を振るのも好きだしファンも好きなんだなっていうのが分かるし、会場の一体感が何より楽しかった。あと歌唱力半端ない。エースももか*5の安定感。みりあ*6もりかこ*7もまひろも*8もめっちゃキマってる。良かった。
 
◆Wild Baby
事務所の先輩である橘慶太さんがアレンジしてくれたバージョンで披露。踊る踊る踊りまくる。うまい。ダンススクールから選ばれただけある鍛えこまれたダンスが見れた。
 
◆トキメクTOKYO
結構バックの都会を彷彿とさせる映像しか覚えてない(笑)ももかの歌唱力が凄いとは思った記憶。
 
◆Mr.Platonic
キター!!!!!最初に興味を持った曲!勢いで買ったCD!解散するかもしれないという不安とこれからも応援していきたいという期待を持ちながらずっとずっとテスト期間でもずっと聴き続けてた大好きな曲。「瞼を閉じても見つめてる熱く強くまっすぐ」と、とても力強い曲で見れて本当に良かった。後ろ映像もジャケットと同じ背景が映しだされていて考えてるな~と思った。みりあのハモりやっと聞けた。本当に嬉しかった。
 
◆Don't You Wanna Dance
◆BLING BLING MY LOVE 
ここからは先程よりヒートアップして踊る。君といればファンタスティック
 
VTR
ダンスとは、歌とは、フェアリーズとはという質問に対し各々答えているVTR。いろいろグッとくるものはあったけど、みりあの駆け足で階段を駆け上がって行きたいにはとても感動した。
 
◆ダンスパフォーマンス
6人で踊り、みりありかこ、まひろみき、そらももかのペア踊り、その後ソロで踊る。空ちゃん*9とももかのペア最強。みんな本当にうまいけどそらとももかのダンス見たときにこんな最強のペアあるのか…と唖然とした。もうキレが凄い。この世代の中で一番踊れる子たちなのではと思った。1人1人上手いけど空ちゃんはダントツでうまい。空ちゃんがレベルを引き上げてくれてる。そんな空ちゃんと絶対的エースのももかが踊るダンス最高だった。
 
◆マーガレット
リアルに泣いてしまった曲。前の記事で詳しく書いたね。

 

だけど私は途中で泣いてしまった。「マーガレット」フェアリーズの曲の中でも数少ないバラード曲である。本来は今のメインボーカル伊藤萌々香下村実生の二人が主に歌う曲なのだが本来の曲の出だしはももかのはずなのにみきみきがセンターから出てきて歌い始めた。その次にももか、次に空ちゃん。演出と衣装替えの関係でこの3人が先に着替え終わってるのだが3人で1番を歌ったとき2番のことを想定して私は目が潤んだ。2番の歌い出しはりかこさん。そして次に続く「吐息を白くする 季節は確実に あの子とあなたを近づけた」でみりあが1人で歌っていた。私はもう2番のサビで泣いていた。涙を止められらなかった。彼女のソロパートが聞けた。しかも大好きな曲で。まだボロボロ泣く場面ではなかったから堪えた。

君はマーガレット - いじわるなハロー

 

 
歌割りがとてもいい。3と3に分かれて歌う。今までそんなに好きな曲ではなかったけど好きになった。
 
◆クロスロード
新曲。賛否両論。とりあえずみんな口を揃えて曲はいいと言います。2ボーカル制を全面に押し出し、残る4人はマイクを持たずにパフォーマンスします。いいと言われた曲自体もとあるグループのカバーだった事実もショックだったし何よりカバーだということを隠す意向にしてる事務所の考えにショックでした。でも曲はいいから!聞いて!保証する!聞くだけでも!1分でいいから!暇な通学時間で!耐えて!聞いて!それくらい名曲が来ました。
 
◆Sparkle
◆Kiss Me Babe
完全なる盛り上がり体制。ここで定番曲持ってきてくれたの嬉しい!めっちゃ好きだし空ちゃんのラップめちゃくちゃテンション上がるしみりあは可愛いしみりあは可愛い。曲がとにかく好みなので見てるだけで楽しかった。
 
◆White Angel
年が明けて私に舞い降りた天使たちとようやく会えた気がしたとかそういうことはさておき(笑)この曲はハマったときに永遠と聞いてたので純粋に聞けて嬉しかったのと本人たちとファンも大好きなんだなっていうのがなんとなく伝わった!
 
◆Beat Generation
最後の最後に一番踊るっていうこの構成の素晴らしさ!今までで初めてみた!感動系で締めるとか楽しい曲で締めるとかそんなんじゃなくて最後までアーティストフェアリーズを貫くその姿勢がとても好き。足さばきというか足の動きがもう本当に上手すぎて…ずっとダンス見てました。
 
アンコール
◆相思相愛☆Destination
わーーーーーい!!!大好き!みきみきの声が存分に活かされてる!SPEEDを彷彿とさせるような曲!*10「抱いてー抱いてー抱きしめてねープリーズ!」ってめちゃくちゃテンション上がるしこれをアンコールに持ってくるという考えが斬新過ぎて良かった。
 
◆Song for You
◆Run With U
安定の2曲。SfYは歌割りも平等でとっても好み。今のすべて捧げるという全力の愛を歌った暖かい曲で何より
「あいらーびゅー」\俺もー!/
「あいらーびゅー」\俺もー!/
というコールアンドレスポンスが最高に楽しかった。男じゃないけど(笑)
RWUは直前ずっと聞いてた曲でやっぱり元気がない時だったから背中を押してもらいたくてずっと聞いてた。本当に本当に最後聞けてよかった。最後の曲がこれで良かった。「さあ今走りだせ 大地を蹴飛ばして」という歌詞に背中を押されて全力で走ろうと思えるそんな力強い曲で、タオルも振り回せたし満足。
 
MCで気になったところ
・大阪の名物を食べてないという話でみりあがみっくちゅじゅーちゅを飲んだと。みっくちゅじゅーちゅをうまく言えないあたりがかわいい。どこで買ったんやと思ってたらスタッフさんの差し入れだったそうな。お好み焼きとかたこ焼き食べれたかな…?
 
・最年長りかこさんがもうすぐ20歳という話。りかこさんが一番上手でその話をしてたんだけど横にいたまひろが「ここからこっち10代だから」ってりかこさん以外を区切ったのめっちゃおもろかったし「まだ十代だから!」と反論するりかこさんも最高だった。
(´-`).。oO(なんか最年少いじりされる慎太郎さん見てるみたいだった…)
 
とにかく最高。MCもそこそこ面白いよ!興味持ったらぜひステマするから!私のところへ!
 

*1:原宿キラキラ学院という番組で当時披露していた曲を使用したとMCで発言してました

*2:東京公演ではタブルアンコで披露

*3:名古屋公演より追加

*4:下村実生ーモデル仕事もこなす美人さん。ヒルナンデスにも出演あり

*5:伊藤萌々香ー絶対的エース&センター 現在Goingのお天気お姉さんとしても活躍中

*6:藤田みりあー私の推し。マネーの天使。めっっっっちゃ可愛い

*7:井上理香子ー最年長のキレイ系お姉さん。歌声が柔らかくてとてもいい

*8:林田真尋フェアリーズの元気印。女性人気も高くフォロワー数はダントツ

*9:野元空ーボーイッシュ系でフェアリーズ1の実力派。ダンスを見るなら間違いなくこの子

*10:実際にSPEEDに携わっていた方が作詞作曲されている